気象世界機関(WMO)の公報には、「大気の質と気候変動は一緒に取り組む必要がある」と述べられています。したがって、熱波と大気汚染には相互関係があります。結果として、大気汚染が増加します。その主な原因は、地球温暖化が進んでいることです。毎日、新たな警告の記録が打ち立てられています。

熱波がなぜ大気汚染を引き起こすか疑問に思うかもしれませんね。その答えはこちらです!熱波は大気条件を悪化させ、さまざまな汚染物質の放出を引き起こします。地上レベルのオゾンや粒子状物質も含まれます。これらは熱と反応してより多くの汚染物質を生成します。オゾン曝露が健康にどのように影響するかご存知ですか?これは有害な汚染物質であり、長期間の吸入で命に関わる可能性があります。

この記事では、これについて詳しく学び、人間の健康への影響も知ることができます。さらに、影響を緩和するための潜在的な解決策も確認できます。

熱波が大気汚染にどのように影響するのか?

高温の時になぜ汚染が多くなるのか、考えたことがありますか?その理由は、大気条件や人間の活動など、さまざまな科学的な要因に影響を受けるからです。したがって、実際の理由を知るには以下のポイントをチェックしてください:

熱波が大気質に与える影響

1. 気温:

熱波は地球表面の温度を上昇させます。その結果、上昇した温度が涼しい空気を閉じ込め、大気中の汚染物質を保持します。

2. 排出量の増加:

熱波は異なる源からの排出を増加させます。温度が上昇すると、あらゆる産業でエアコンや他の冷却装置の需要が増加し、それに伴い発電からの排出が増加します。

3. 二次汚染物質:

熱波は高温による化学反応を引き起こし、二次汚染物質の形成に寄与します。これらの反応は高温によって起こり、地上のO3を引き起こします。

4. 火災の増加:

熱波は山火事や火災の増加を招き、燃料の役割を果たします。その結果、粒子状物質や一酸化炭素などさまざまな汚染物質が放出されます。

熱波によって大気中に放出される汚染物質は何ですか?

高温時には、多くの汚染物質が増加します。PM2.5、PM10、NO2、SO2、CO、O3などが含まれます。極端な熱波では、地上レベルのオゾンや粒子状物質が主要な汚染物質です。

化学反応:

化学反応が汚染物質を放出

強烈な日光は地上のオゾン放出を増加させる光化学反応を促進します。さらに、窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物(VOC)の放出も引き起こす可能性があります。

山火事:

山火事が大気汚染を放出

また、熱波が山火事を引き起こすことは既にご存知ですね。これはさまざまな汚染物質の主要な源です。PMやVOCの大量の放出を引き起こします。さらに、地理環境全体に大きな影響を与えます。

 

発電所:

発電所からの排出

気温の上昇はエネルギー需要を増加させます。その結果、発電所からの排出量が増加します。これにより、二酸化炭素、二酸化硫黄、窒素酸化物などが放出されます。

車両:

車両からの排出

さらに、熱波の際には車の利用が増え、熱を避けようとします。そのため、都市部では車からの排出量が増加します。

高地面レベルのオゾンが引き起こす可能性のある影響を知っていますか?

オゾンはNOx、VOC、および太陽光反応によって形成される二次汚染物質です。これは他の汚染物質、窒素酸化物や揮発性有機化合物を増加させることを意味します。したがって、気温の上昇は大気中のオゾンを増加させる可能性があります。そして、長期間のオゾン吸入はさまざまな呼吸器の問題を引き起こします。高いオゾン曝露は早期死亡を引き起こすことがあります。また、アメリカ肺協会によると、直ちに呼吸の問題を引き起こすこともあります:

オゾンやその他の汚染物質による健康問題
  • 呼吸器感染
  • 喘息発作
  • 肺疾患(慢性閉塞性肺疾患COPD)
  • 呼吸の短さや刺激

熱波と大気質の相互関連をケーススタディで理解する:

関連性を明らかにするために、ニューデリーの気温と大気汚染データを分析します。提示されているデータは2024年5月1日から2024年5月8日までのものです。また、これはその日のピークデータです。酷暑の影響でAQIが影響を受けることがわかります。気温が昼間に上昇すると、大気質指数(AQI)にも影響を与えます。

この事実を考慮すると、夏季には電力需要が増加し、産業からの排出物も増加します。さらに、デリーはさまざまな活動による大気汚染の記録があります。したがって、熱波と気温の上昇がその原因となります。

以下がデータです:

日付気温AQI
2024年5月1日35°280
2024年5月2日32°273
2024年5月3日34°387
2024年5月4日36°437
2024年5月5日39°475
2024年5月6日39°352
2024年5月7日40°564
2024年5月8日36°261
(データソース:AQI.IN)

熱波と大気汚染の関連性
(データソース:AQI.in)

提供されたデータでは、気温の上昇とともに大気汚染も増加します。データによると、最高のAQIレベルは気温が40℃のときに記録されています。したがって、AQIレベルが直接564に上昇します。これは極端な健康状態を引き起こす可能性のある危険なレベルです。

気温が下がると、大気質指数の急上昇も下がります。したがって、261のレベルに達します。これは少しの安堵感を提供します。この研究は、気温上昇とともに大気汚染がどのように増加するかを正当化しています。

それに加えて、それは空気温度に依存します。なぜなら、それが上昇するとより涼しい空気が閉じ込められるからです。このため、大気中のさまざまな汚染物質も覆われます。

熱波と大気汚染から身を守る方法は?

灼熱の熱波と大気汚染から身を守ることは重要です。なぜなら、あなたの健康に二重の攻撃を受けるからです。まず第一には熱の攻撃、そして第二には悪い空気の攻撃です。したがって、これらの影響を緩和する効果的な戦略が必要です。そのためには、まず空気質と温度を監視することから始めることができます。最も重要なのは、露出を避けることです。屋外訪問を避けて、自分自身を覆うことでこれを簡単に行うことができます。さらに、水分補給や健康的な食事にも焦点を当てることができます。以下のポイントは、気温と大気汚染の上昇から身を守るのに役立ちます:

監視: 

空気質と温度の監視

まず、政府のサイトで空気質と温度データをチェックしてください。これにより、熱波警報や大気質指数(AQI)について最新の情報を入手できます。したがって、空気質モニターに投資することができます。

エアーピュリファイヤーを使用する:

エアーピュリファイヤー

第二に、清潔で新鮮な空気を吸って、健康被害を抑制し寿命を延ばします。したがって、HEPAフィルターを備えた高度な屋内空気清浄機が最適です。

エコフレンドリーな冷却オプション: 

エコフレンドリーな冷却システム

このオプションに投資することで、排出量を制限してクリーンエネルギーを促進することができます。最後に、蒸 発式またはスワンプクーラーを検討することができます。最近では、テラコッタポットを使用したエアコンシステムが家庭用に大流行しています。


This post is also available in: Global フランス語 ドイツ語 ヒンディー語 日本語 ポルトガル語 ロシア語 スペイン語 IND English UK English US English